真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

30歳を目前にして29歳の自分が思うこと

f:id:YukiNko:20170726214922j:plainこういう年齢についての記事はずっと書きたいと思っていたのだけれども、
何とも素晴らしいタイミングではてなさんがお題にしてくれたので
またまた乗っかってみようと思います。

 


私はこのブログで微妙に年齢をぼかしていましたが、
ぶっちゃけて言ってしまえばゆとり第一世代で今年が20代最後の年になります。
(動画に出てくる女性の皆さんと同い年ですね)
SK-Ⅱさんの調査でも、やはり20代から30代になる時に
一番プレッシャーを感じたという調査結果がでています。
私はこの20代最後の年に

 

  • ブログを始めた
  • 上京して一人暮らしを始めた
  • 新しくwebデザインの勉強をするために職業訓練校に通い始めた

 

とまあ30歳を目前にしてやれることはやっとけ!という感じで色々とやっていますが、
どうして20代から30代になることにプレッシャーを感じてしまうのか考えてみると
やはり20代=若いという認識があって30代はもう若くないという認識があるのかもしれません。
Uー29という言葉はあってもUー30という言葉は聞かないですよね。
はてなブログでも20代のうちにしておきたいことを扱った記事をたくさん見かけます。
やはり人生において20代というのは特別な意味があるという認識を持ってしまうのかもと思います。

 

 


普段から年齢なんて関係ないと言っている私ですが、
30歳を目の前にして色々と足掻いている自分を振り返ってみると
自分自身が一番無意識のうちに年齢に囚われていたんだと改めて気づかされました。
一体私は何に恐れているのだろう、
もう若い子扱いされなくなることなのか
BBAなんていうネットスラングがありますが
30歳になったら問答無用で”おばさん”扱いされてしまうということになのか
ちょっと30歳という言葉尻に惑わされ過ぎてしまっているのではないか......
と29歳の私は色々と考えてしまうのです。

 

 


それでも私は30歳を迎えるということに対して前向きに捉えています。
ネットの世界ではBBAなんて言われるかもしれないですが
現実社会では30歳を超えても綺麗でキラキラして自分の人生を謳歌している女性が
たくさんいることを知っているし、色々経験を積んで30代を迎えられたら
もっと楽しいことがたくさん待っているということも知っています。
そして何かを選択するのに年齢は関係ないなと改めて思います。
私はたまたま29歳の時に仕事の契約期間が終わったので
思い切って今までやってみたかったことに挑戦していますが
早い時期にとか遅い時期にとか関係なく
いつでも自分がやりたいと思った今がベストタイミングだと思っています。

 

 

人生にはたくさんの転機があってそのたびに選択を迫られることになります。
その選択をする判断基準が年齢になってしまうこともあるのかもしれないですが
年齢で選択肢をすっぱりと切り捨ててしまうのもまた悲しいことです。
今の社会は色んな生き方が容認されるようになってきていて、自由な生き方が出来る反面、選択肢が多すぎて迷ってしまうこともあります。
それでも自分の生きたいように生きるということ、自分がワクワク出来ることをいつでも選択できるような自分になりたいと思います。
そして今足掻いている20代の自分を30代、40代の自分がどう振り返るのか今から楽しみで仕方ない。