読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

なぜ人はカテゴライズされて分類されていくのか

f:id:YukiNko:20170403234947j:plain

何か微妙にお堅い感じのタイトルになってしまいましたが
今はとりあえず○○系みたいな分類の仕方が流行っていますよね。
例えば草食系とか肉食系とかお姉系とかサブカル系とかまあ何でもいいんですけど
少し前だと血液型占いなども流行りましたよね。
たった4種類の分類で人の性格を判断するというのも信ぴょう性に欠けると思うのですが
とにかくみんな身の回りの人をこの人は×型だからこういう性格だとか
こういうのが好きでこういうファッションだから○○系だとか
他人をカテゴライズするのが好きな人が多いですよね。
この人ってこういうタイプだよね~とか自分ってこれに当てはまるかも!?とか
ちょっとしたコミュニケーションや遊びの一環と言ってしまえばそれまでなのですが
それでもあらかじめ決められているカテゴリーの中に分類されるというのは
私はなんだかいい気分にならないのです。

 

まあ言ってしまえばその何種類かにカテゴライズされた中に
自分も当てはまっている所があって、そんな自分の単純さというか
結局は誰かに決められたカテゴリーの範囲内に収まっている程度の人間なんだな~というのを
実感してしまって少し恥ずかしくなるといった感じでしょうか。

 

しかし一方でその人の性格というか人間性はそんな単純に分類は出来ないとも思っています。
人間というのはとても繊細で複雑な生き物ですし、これだけ科学が発展した現在でも
分かっていない部分が数多くあります。
いくら分類してみてもずっとそのままでいるとも限らないし、
複数の性質を併せ持っている場合もありますよね。
実際はそんな単純にもいかないのが人の面白さでもありますし、
そういうカテゴリーとか予想とかイメージを超えた所にその人だけの個性や魅力があって、そういう所に人は惹かれるのだと思っています。
ですからそういうカテゴライズに当てはまらないくらいにどんどん飛び出していっちゃえば良いのです。

そしてその度に○○系とかいう新しいカテゴリーは増え続けるのでしょう。
なぜならそうやって分類してしまうと便利だから!
やっぱり何か分からないものや新しい定義を説明する時に適切な言葉があった方が説明しやすいし、理解して貰いやすくなるからですよね。
それにブログだって記事をカテゴリ分けした方が便利だし見やすいですからね~。
このブログも記事の分類が難しくて、良く分からないことになっていて不便極まりないですよ!
やっぱりブログに関してはカテゴリ分けがしっかりとしている方が良いですね......。