真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

ぼっちには無限の可能性が広がっている

f:id:YukiNko:20170115222331j:plain

ソロ充どころか、友達少ない彼氏いないお金ない非正規だ(もう少しで無職になる)
20代もあと少しで終わる、人生詰みかけてね?な真性ぼっちのゆきん子ですが、
そんなぼっちだって、無限の可能性を秘めていると思っています!
 

時間がたっぷりとある

 
時は金なりと言いますが、本当に時間というものはお金以上の価値があると思います。
お金ももちろん大事ですが、お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことが出来ますし、
何なら国から手当てを貰うことだって出来ます。
 
 
しかし、時間は誰でも1日24時間とはっきりと決まっていますし、後からいくら後悔しても過ぎてしまった時間は2度と取り戻すことは出来ません。そう考えると限りある時間を何に使うか考えるときに、ぼっちであることは自由に使える時間が多くとれるということでかなり有利なのではないかと思っています。
 
 
この時間の差というのは結構大きいと思っていて、勉強でも趣味でも何でも時間を多く取れるというのはかなりのアドバンテージになって成功を掴みやすいんじゃないかなと思います。
もちろん効率の良い時間の使い方や努力の方向性なんかも関わってきますが、それはまた別の機会に。
 

とにかくフットワークが軽い!

 
ぼっちでいられるということはかなり恵まれた状況であると言えます。例えば地元に付き合いのある友達が多くいればいるほど、友達と離れるのが淋しいといった理由で地元からは離れづらくなりますよね。それが恋人だったりすると尚更です。
遠距離恋愛になるし、何なら別れることになっちゃうかもしれない。
これがぼっちで独り身だったりすると、どこへ行こうが自由なわけです。
それから一人行動の記事でも書きましたが、
ぼっちだと自分の好きな所へ行けて好きなだけ滞在して好きな物を食べることが出来るのです。色々なことをすぐに行動に移すことが出来れば、それだけ自分の中に経験値が溜まってより早く自分を成長させることが出来ると思っています。
 

ぼっちには創造力がある!

 
ぼっちでいると周りの一般常識や既成概念に囚われなくなり、(というかどうでもよくなる)
世の中にある色んな考えを受け入れやすくなれると思います。そして人の関わったり話すことが少なくなる代わりに自己との対話が多くなります。自分の今後の人生について考えてみたり、答えの出ない思索に耽ってみたり、そうやって想像力を高めていけば、いつの日か誰も思いつかないようなアイデアが浮かんで、それが世間の常識を覆すようなものになるかもしれないですよ!
 
 
ぼっちでいるうちに有り余る時間と想像力で何か新しいものを創ってみるというのも
アリなんじゃないかと思っています。
広告を非表示にする