真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

【比較】ぼっちとソロ充の違いを比べてみたよ

f:id:YukiNko:20170105155418j:plain

最近は一人で行動するのが好きで充実した時間を過ごしている人をソロ充と呼ぶみたいですね。
私自身も一人カフェに始まり、一人カラオケや一人旅など一人で行動することが好きなので
こんな言葉があるのか!と驚きました。
似たような言葉に「ぼっち」という言葉がありますが
ソロ充とどう違うのか少し調べてみました。
 
 

ぼっちとは

 

これもはてなキーワードからですが、ぼっちにも種類があるようで、

 

ソロ充
 
自ら好んであえて一人になっているぼっち。これは「ソロ充」と呼ばれる。周囲からは「一匹狼」「変わってる」と認識され、邪険に扱われることはない。むしろ群れずにカッコイイ、などと好意的にとられ、本人もぼっちであること引け目と感じることはない。容姿、学力、運動神経などが秀でていて一目置かれる存在であることも珍しくない。

 

真性ぼっち
 

容姿などに劣等感があったり、口下手で、自分から積極的になれないことによるぼっち。また、人を惹きつける魅力がないため周りが寄ってくることもない。性格は暗く、たまに人から話しかけられても何を話せばいいかわからず盛り上がらない。「一人が好きなんだ」と自分に言い聞かせているが、本当は友達と仲良く遊びたいと常に思っている。

 

キョロぼっち
 
そこそこ知り合いはいるが、求心力がないため、いつの間にか一人になってしまうぼっち。性格に問題があり、キョロ充がリア充グループからハブられるケースも。学食で一人で食事をしているのを誰かに見られたらどうしようと気が気ではない。ぼっちになるまいと友人に連絡するも、誘いを断られることが多い。常に悪口言われてるんじゃないかという自意識過剰になっている。

 

こうして見てみると「ぼっち」は本当は一人は嫌だけど仕方なく一人でいるという
どちらかというと消極的なイメージですね。
また、求心力が無くて人を惹きつける魅力がないなど、
ぼっちと呼ばれるのは本人の資質が大きく関係してくるようです。
 

ソロ充とは

 

 
先ほどのぼっちの項目にもソロ充が入っていましたが、
広義にはソロ充もぼっちのカテゴリーに入るようです。
しかし、ぼっちと大きく異なるのは自ら好んで一人になっているという所ですね。
本人も引け目を感じていないことや、一芸に秀でていて周りからも一目置かれる存在
など、同じ一人でもポジティブな解釈をされる存在のようです。
 
 
 
またソロ充であるための要素に
容姿、学力、運動神経などが秀でていて一目置かれる存在とあるので
ソロ充と呼ばれるためにはこれらの要素を満たす必要があるようです。
つまり、これらの要件を満たしていれば
一人で行動していてもぼっち扱いされないということですね。
これからはぼっちは卒業してソロ充を目指しましょう!