真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

世代間のギャップは絶対に埋まることはない

f:id:YukiNko:20170225220805j:plain

何当たり前のことを書いてるんだと思われるかもしれませんが
結構大事なことじゃないかと思い、ブログのネタにしてみました。

世代が違う人同士で話すのは宇宙人と話すようなもの

まず世代の違いというと触れてきた文化の違いが一番イメージしやすいですよね。
青春時代に好きだった芸能人や歌謡曲などはやっぱり年代によって違ってきますし
その違いで盛り上がったりしますよね。
好きだったもの一つとっても明確に違いがでるのですから
そもそも育ってきた時代・環境が全然違うんですよね。

 

私自身も青春時代からネット漬けだったネット世代ではありますが
それでも今の10代の子と話が合う自信がないです。
私が学生だったときはLINEもTwitterも無かったですからね!
今の10代の子が何が好きで何を考えているのかも全然想像がつきませんし
10代の子から見たら私なんてただのおばさんでしょう。
ちょっと年が離れているだけでもこんな感じですから
それ以上に年の離れた世代同士で会話するなんて宇宙人と会話するようなものです。

 

皆自分の価値観で物事を語っている

育ってきた時代や環境が全然違うという話を書きましたが
世代が違えば当然価値観も全然違ったものになるんですよね。
そして皆何かを語る時は自分の価値観で物事を捉えて語っているわけです。
そもそもこのブログ自体が思いっきしワタクシゆきん子の価値観で書かれているわけで、
当然書かれている内容について価値観が合う人もいれば合わない人もいるのです。

 

しかしこの価値観が合う合わないというのを理解していない人というのは残念ながらいます。
というか自分の価値観が絶対的に正しいと信じている人なような気がしますね。
私は価値観に正しいとか間違っているとかはないと思っていますが
人によって合わないとか時代にそぐわないというのはあると思っているので
そこの所の自覚がないとお互いに不満を溜め込むことになります。

 

他人に自分を完全に理解して貰おうなんて無理!

それでも人間同士ですからお互いに理解しあえると勘違いしちゃうんですよね。
世代が離れていると価値観も全然違ってきますから本当に宇宙人との会話だと思った方がいいです。

 

年上側の人は上から目線で無理に人生のアドバイスとかしない方がいいですね。
大体そういうのは的外れだと思われることが多いです。
あと時代にそぐわないこともありますからね。
逆に年下側の人は年上の人に自分の考えを理解して貰おうと思わないことです。
だいたい年下というだけで人生経験が未熟だと思われていますし、まず価値観を理解して貰えません。

 

しかし私たちはそれでも人間として社会生活を送っているのでどこかで折り合いをつけていかなければなりませんよね。

なので”理解”することはできなくても”認める”ことはできるんじゃないかと思っています。

世の中理解できないもので溢れてますからね。
しかしそういったものに思考停止して理解できない!で終わらせずに
こういう考えもあるのかと一旦受け止めて認めることができれば
世代間の関係も円滑になっていくと思うし、
あらゆる人間関係がより良くなっていくのではないかなと思います!
社会の中で年上の立場になることも年下の立場になることも両方あり得ることなので
この認めるという精神は大事にしていきたいですね。
広告を非表示にする