真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

誰も他人のことなんて興味がないって言うけど、やっぱり自己主張はあった方が良いっていう話!

f:id:YukiNko:20170114191908j:plain

よくブログ論とか読んでみるのですけれども、「芸能人でもないあなたの日常生活には誰も興味はありません。読む人の立場になって読者の役に立つような記事を書きましょう」みたいなアドバイスを良く見ますよね。
 

他人の噂話なんてどうでもいい!

 
これは確かに一理あると思います。普段の生活でも誰それがどんな服装をしてたとか、どこそこで見かけたとか、こんなことがあったとか、話しているのを見ていると
心底どーーーーでもいーーわ!!って思いますもん。
毎日のように他人の発言とか日常生活に首つっこんだり、うわさ話をしたりする人って何故かいますけど、本当に理解できません。他人の日常話なんて興味がないし、自分のことも話そうと思わないので、こういった面倒なことは避けたいですね。
 
 
リアルでの生活はともかく、ネット上だとそれがかなり顕著ですよね。基本的にネットで検索する人は何か困っていたり、知りたいことがあるから検索するわけで、特に何の変哲もない日常の日記ような内容であればまあ、スルーしてしまいますよね。
 

ブロガーさんって素晴らしい

 
やっぱり人気のある記事を読んでると、これが知りたかった!とかこんなことを取り入れたい!とか思わず感銘を受けるような内容で、本当に読んでいて惹きつけられます。
人の役に立つような記事ってやっぱりライフハック系の内容になるんですかね~。
あとはまとめ系の記事とか。
 
 
でもどんな記事であってもその人の人柄とか、その人が今まで歩んできた人生の一端が見えるような内容だったりすると、やっぱりすごく惹きつけられます。
 
 
そういうのが見えるブログだと、そのブロガーの方がもう赤の他人では無くて、何か昔からの知り合いだったかのように思えてきて、例え一見何の変哲もないような内容であっても深みが感じられます。やっぱりその人がこんな人生を歩んできた結果、こういう思想・考えに至ったというのが見えるからですよね。その人なりの生き方というのは唯一無二だし、そこから導き出される思想や生き様というのはやはり重みがあります。
 
 
そういった積み重ねがあって、何の変哲もない日常話に魅力が出てくるのだな~と思いました。
その人自身に興味が持てるかどうかって結構大事だと思います。
だから雑記ブログが一番読んでいて楽しいんですよね。
 
 
 
 
 
まあ私のブログは始めたばかりだし、ちっともその域には達してはいないのだけれども、
ちょっとでもそんな風に思って貰えるようなブログに成長させて行ければな〜と思います。
ライフハックとかダイレクトに役に立つような記事も書いていきたいのですが、まあバランスですよね。もっと日常生活においても常にアンテナを張り巡らせるような生活を送っていかなければなりませんね。
書きたいことを上手くまとめてわかりやすく記事にすることも必要ですし、ブログの構成なんかももっと勉強していきたいですね!
広告を非表示にする