読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に不真面目に生きる

昭和生まれのぼっち20代女子がソロ充目指してあれこれ綴るブログ

こだわりを捨てればエコに生きられるけど、無気力な人生になる

f:id:YukiNko:20170218235303j:plain

今はこだわりが無ければ大概の物が安く手に入りますよね。
100円ショップに行けば日用品から食品まで何でも売っていますし、
スマホも高価なイメージがありますが、格安スマホが出回るようになって2〜3万で手に入るようになりましたし、
ブランドにこだわりが無ければ服もバックも靴も安価で手に入ります。

 

あと趣味もインターネットが普及してお金を掛けなくても楽しめるものが増えましたよね。
今は不景気ですから、なるべくお金を節約したいという人は多いですし、月に使えるお金は決まっているので、安く済ませられるものは安く済ませたいという人がほとんどだと思います。

 

しかし何に対しても取り敢えず使えればいいとか、観られればいいとか、食べられればいいとか、こだわりを無くしていくと
どんどん何に対しても興味が薄れていって無気力な人生になってしまうのでは無いのかなと思うのです。

 

こだわりのあるものにはその人の生き様が詰まっている

例えば食費を削ってでもお金を掛けたいと思えるものがある人は一見無駄遣いをしているように見えますが、

そこまでしてお金を掛けているこだわりというのはその人にとっての生きがいであり、人生そのものなのではないかなと思っています。


そうやってお金を掛けたものに対しては愛着も湧くでしょうし、お金や時間を掛けた分、
知識も経験も深くなってその道のプロフェッショナルと呼ばれるような人になっていく可能性もあります。

 

こだわりがその人にとっての財産になる

こだわりを持つというのは生きていく上でのちょっとした楽しみになりますし、
そのこだわりに対して興味や関心を持つ人もきっといると思うので、それに対して自分の知識・経験を披露できればそれがその人の財産になっていくと思っています。

 

ですからむやみやたらと浪費するのは良くないですが、自分がこだわっているもの、興味関心のあるものにはどんどんお金を使っていったらいいと思います。

 

そして逆に何かにある程度のお金を使ってしまったら、それに対しての理解を徹底的に掘り下げて自分の中に知識や経験として吸収してしまえば、
そのお金は無駄にならないし、自分にとっての投資になります。

 

自分だけのこだわりを持とう!

自分が何にこだわっているかというのは案外日常生活の中で見えてくるのかなと感じています。

別に大がかりなもので無くても一見下らないようなものでも、自分はこういうのが好きだな~という軽い気持ちから始まってもいいのでは。


今は何かに興味を持ったら無料体験なんかも充実していますし、とりあえず触れてみるのもいいでしょう。


必要最低限のお金だけを使って残りは貯金に回すというお金の使い方も悪くありませんが
自分の興味・関心のあることに思い切ってお金を使ってみると、また違った世界が見えてくるのではないでしょうか。

広告を非表示にする